環境・社会貢献

トップページ > 環境・社会貢献 > 環境 > 海外拠点の取り組み

海外拠点の取り組み

当社では全ての海外拠点においても、環境データを把握し、国内と同調した環境改善活動を展開しています。

取り組み事例1

目的

環境負荷低減の取り組みとして事務所屋上に太陽光発電パネルを設置し、CO2排出量の削減、エネルギー自給率の向上を図る。

施策

事務所屋上1,740 ㎡に太陽光発電パネルを設置。2016年5月から運用開始。

・ソーラーパネル:発電量300W/枚×設置数500枚
・発電能力:150kW

効果

期間:2016年5月~2017年4月

  発電量 CO2排出量 電力自給率
効果(年間) 16万kwh/年 ▲159ton/年 平均1.5%/年

2016年5月24日、FCC (VIETNAM) CO., LTD.がベトナム商工省主催「クリエーティブエネルギー管理コンテスト」で1位を獲得し表彰されました。
FCC (VIETNAM) CO., LTD.が展開しているエネルギー削減施策の創造性と実効性が高く評価されました。
取り組み事例2、3にて事例を紹介します。

■FCC (VIETNAM) CO., LTD.「クリエーティブエネルギー管理コンテスト」1位受賞

取り組み事例1

目的

コンプレッサー台数制御装置導入により、電力使用量を削減する。(エアーの余剰供給削減)

施策

効果

  使用電力 CO2排出量
効果(年間) ▲258.65千kWh/年 ▲110.4ton/年

取り組み事例2

目的

成形機油圧ポンプをインバータ制御する事により、電力使用量を削減する。

施策

効果

成形機14台に展開

  使用電力 CO2排出量
効果(年間) ▲12.3千kWh/年 ▲5.3ton/年

取り組み事例3

目的

洗浄機乾燥機のドライヤーの換わりに、温風ブロワーを設置することによりエネルギー(電力)の使用量を削減する。

施策


洗浄機乾燥機に設置された温風ブロワー

洗浄機乾燥機のドライヤーは熱風をヒーター加熱しているためエネルギー消費が大きい。
温風ブロワーを設置し、空気を圧縮することで温風を作り、省エネルギーで製品を乾燥させる。

効果

  電力使用量 CO2排出量
改善前 124千kWh/年 87ton/年
改善後 41千kWh/年 29ton/年
効果(年間) ▲83千kWh/年 ▲58ton/年

取り組み事例4

目的

太陽熱加熱システムを設置することにより、洗浄機の洗浄液を温めるためのエネルギー(LNG)の使用量を削減する。

施策

工場の屋根に設置された太陽熱加熱システム

効果

  LNG使用量 CO2排出量
改善前 51ton/年 138ton/年
改善後 14ton/年 37ton/年
効果(年間) ▲38ton/年 ▲101ton/年

co2排出量の推移

co2排出量の推移

※原単位推移は2009年度を100とした%で表示

※原単位推移は2012年度を100とした%で表示

※原単位推移は2012年度を100とした%で表示

海外拠点データ

国内拠点データPDFを開く

※上記の画像クリックで海外拠点データに関するPDFが開きます。
※エネルギー、廃棄物データは、2016年度データです。

ページトップへ戻る