環境・社会貢献

トップページ > 環境・社会貢献 > コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンス

当社は、企業理念に立脚し、株主をはじめ顧客、従業員および地域社会等のステークホルダーからの信頼を高め、透明・公正かつ迅速・果断な意思決定を行い、持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を図るため、経営の最重要課題の一つとしてコーポレートガバナンスの充実に取り組むこととしております。

コーポレート・ガバナンス体制図

コーポレート・ガバナンス

取締役会

取締役会は13名(うち、社外取締役3名)で構成され、法令に定められた事項および重要な業務執行を決定するとともに、取締役の職務の執行を監督しております。

監査等委員会

監査等委員会は、監査等委員である取締役5名(うち、社外取締役3名)で構成され、監査等委員会が定めた監査方針、監査計画および業務分担等に従い、取締役会その他重要な会議へ出席し、業務および財産の状況の調査等を通じて取締役の職務の執行や内部統制システムの整備および運用状況について監査、監督を行っております。

会計監査人

当社は、監査法人保森会計事務所による会社法および金融商品取引法に基づく会計監査を受けております。

監査室

当社は、監査等委員会の職務を補助する組織として監査室を置いております。
監査室は、業務の有効性および効率性、財務報告の信頼性、事業活動に関わる法令等の遵守、資産の保全を目的に、当社グループ全体の内部統制の整備および運用状況について監査を行っております。

コンプライアンス体制

コンプライアンスに関する取組みを推進する管理責任者として、コンプライアンスオフィサーを取締役より選任しております。
また、事業ユニット(部門)に潜在している法律違反、倫理行動違反等の早期発見と再発防止のため、当社グループで働く全ての人々からの企業倫理に関する提案を受け付ける「企業倫理提案窓口」を設置しているほか、コンプライアンスオフィサーを委員長とするコンプライアンス委員会を設置し、当社におけるコンプライアンスの方針の策定や審議を行っております。

リスクマネジメント体制

経営上のリスクについては取締役会で認識、評価し、管理責任者として、リスクマネジメントオフィサーを取締役より選任しております。
リスクマネジメントを統括する組織として、リスクマネジメントオフィサーを委員長とするリスクマネジメント委員会を設置し、当社グループ全体の日常の業務におけるリスクおよび組織横断的なリスクの管理を行っております。

ページトップへ戻る