レース情報

トップページ > レース情報 > モータースポーツへの貢献 > レース用クラッチの紹介

レース用クラッチの紹介

ユーザーフィードバックから生まれた先進のスリッパークラッチ

特徴

特徴

F.C.C.×TSRであること

FCC-TSRチームの実車テストに於ける、ライダー・メカニックのコメントを収集し、クラッチフィーリングや車体挙動性に至るまで、レースユーザーの求める【実戦レベルでの性能】をフィードバックし製品化しました。

画像

画像

F.C.C.×TSRであること

採用されているチームの多さ

2011年シーズン、全日本ロードレース選手権 J-GP2及びST600クラスにおいて、9チーム/12台のマシンにF.C.C.Racingスリッパークラッチが搭載され、J-GP2クラスでは搭載車両がシリーズランキング1-2を獲得。ST600クラスでもランキング3位となる等、当社のレーステクノロジーは、好成績獲得に貢献しました。
又、2012年シーズンからは世界ロードレース選手権 Moto3クラスでCIP-TSRチームの他、Honda系有力チームに採用され、活躍の舞台を世界へと広げています。
こうした実績に裏付けられた高い技術力は市販スポーツモデルにもフィードバックされています。

画像

画像

ページトップへ戻る