レース情報

トップページ > レース情報 > モータースポーツへの貢献 > TSR総監督 藤井正和 インタビュー

TSR総監督 藤井正和 インタビュー

F.C.C. TSR総監督 藤井正和

2006年、F.C.C. TSRは鈴鹿8時間耐久レースで悲願の初優勝、そして2011年には2度目の優勝を飾りました。F.C.Cのレース活動は1988年にTSRとのジョイントからスタート。単なるスポンサーとチームという関係ではなく信頼できるパートナーとしてこれまで歴史を刻んできました。F.C.C.に対する思いや、人材育成について、仕事観などをチーム総監督である藤井正和さんにお伺いしました。

奇跡は人がつくるもの

これまでのF.C.C.とTSRの歴史を振り返ってみていかがですか?


鈴鹿8耐では、F.C.C.社員もピットクルーとして参加し、タイヤ交換や給油作業など、
なかなか出来ない経験をさせていただいています。

スーパーヒーローを輩出したい

F.C.C. TSRの今後の戦略や目標についてお聞かせ下さい。

これからは、やはりアジア戦略だと思います。特に2輪は東南アジアだけでも今後2800万台が売れると言われていますし、市場はまだまだ伸びます。レースを通じてF.C.C. の技術、製品力をアジアの人たちにアピールし、ブランド化していきたいと考えています。
今の目標は、“スーパーヒーロー”を生みだすことですね。2008年に「TSR レーシングスクール」を立ち上げたのもその一環です。現在のモータースポーツ界に足りないもの、それは、世界で勝てる“日本人のスーパーヒーロー”だと思っています。現状では欧米のライダーがまだまだ強い。我々日本人は単純に身体能力や体格がものを言う陸上などの競技では、欧米やアフリカ人には、なかなか敵いません。しかし、道具を使った競技、その道具もテクノロジーを駆使した最新鋭のものを使った競技であれば勝てるんです。これは決して不可能な話ではないですよ。日本にはオートバイの4大メーカーがあり、F.C.C.のように世界最高峰の部品を作るメーカーも沢山あるのですから。今、日本人は残念ながら自信を失いかけていると思います。世界一になることに飢えている。だから世界中を席巻するようなライダーを誕生させたい。世代を越えて「あんな人になりたい!」とみんなが憧れるようなスーパースターを輩出したいのです。日本中を感動と熱狂に包むような・・・考えただけでワクワクしますよね。

ビジョンや夢は大きなアークを描け

少しお話の方向を変えて、仕事観についてお伺いしたいのですが

最後になりますが、就活生やF.C.C.の仲間へのメッセージをお願いします。

よく事業に必要なのは「人・モノ・金・情報」と言われますが、1984年にTSRを復活させた頃は、「モノと金は無い」し「人と情報も、レベルがたいして高く無い」と、ないないづくしでした。あるのはチームを作って鈴鹿8耐で勝ちたいという情熱だけ。だからといって最初から「やらない」という選択は有りませんでした。どうやったら出来るだろう?と必死で考えましたよ。それこそ動きながら走りながら考えて色んな努力をしました。そうしたらだんだん人が集まってきて、モノや情報、F.C.C.のようなスポンサーもついてくれるようになって、優勝という夢を叶えることができた。誰だってやれば出来るんです。大事なのは「やるという意志」なんです。
今は、与えられた仕事をこなすだけでは生き残れない時代です。志と自信をもって、失敗を恐れずどんどん挑戦していって欲しいと思います。そして我々と共に奇跡を創っていきましょう!

(2012年2月取材 インタビューを再構成しました)

TSR(ティーエスアール)は、日本のオートバイレーシングチームである。現在の名称はテクニカルスポーツレーシング(Technical Sports Racing)の頭文字からきている。レース活動以外でも公道車両販売部門により、マフラーやバックステップなどオートバイのカスタマイズパーツの販売、公道用車両の販売、各種整備などを手掛けている。メインスポンサーは一貫してクラッチメーカーのF.C.C.が務めている。鮮やかなブルーに白地の同社ロゴを配したマシンカラーリングは「F.C.C.カラー」と呼ばれ、ホンダのスポーツバイクのカスタムペイントとして人気がある。

ページトップへ戻る