クラッチにも種類があるの?

クラッチは湿式と乾式に大きく2分されます。さらに多板と遠心にわかれます。もちろんもっと他にもいろんなクラッチはありますよ。

次はクラッチの種類です。
ビジネス・スクーター・ロードスポーツ・ATV・競技用など使用目的や車種・排気量によって採用されるクラッチも千差万別。その代表例を紹介します!

クラッチの種類

クラッチ用語辞典

湿式とは?

オイルに浸した状態のクラッチ

多板クラッチとは?

重なり合うクラッチディスク、要は円盤の摩擦によって動力を伝えるタイプ。
(乾式はレース用)

単板クラッチとは?

1枚のクラッチディスク(円盤)の摩擦によって動力を伝えるタイプ。

遠心クラッチとは?

カブやスクーターに採用されているクラッチで、エンジンの回転があがると、遠心力でクラッチがつながるタイプ。

湿式多板クラッチとは?

オートマチック車に採用され、クラッチ本体はトランスミッション内部にある。

ページトップへ戻る次のページへ