FCC 株式会社 エフ・シー・シー1.8m 離れてコミュニケーション

企業案内keyboard_arrow_right

FCCが業界のリーディングカンパニーとして培ってきた歴史や理念、国内外に展開する拠点情報はこちらから。

技術・開発keyboard_arrow_right

クラッチ製造で磨き上げたテクノロジーを多角的に応用し、社会に価値を提供し続けます。

製品案内keyboard_arrow_right

二輪・四輪用クラッチをはじめとした、各種製品に関する情報はこちらから。

製品カタログkeyboard_arrow_right

IRkeyboard_arrow_right

経営方針や企業業績など、IRに関する情報をご確認いただけます。

サステナビリティkeyboard_arrow_right

FCCの事業活動を通して、環境保全や地域貢献などの多様な観点から、経済・社会・環境の向上を目指します。

Feel FCCkeyboard_arrow_right

創業80周年を迎えた私たちのこれまでの歩みや、レース参戦に関する情報をご確認いただけます。

clear

Topics

佐鳴湖水質調査「春」に参加しました

2017.06.28地域貢献

春の水質調査おつかれさまでした!
春の水質調査おつかれさまでした!

5月20日(土)当社本社所在地である浜松市の佐鳴湖にて、春の佐鳴湖水質調査が行われ、当社からはちびっこの家族を含めたボランティア6名が参加。少し暑いくらいの陽気の中、初参加のメンバーやちびっこは、開催者の方の調査方法や汚染・浄化の仕組みの説明を聞き、熱心に調査していました。ペットボトルなどのしかけからは、モクズガニ、テナガエビ、スジエビ、ヌマエビ、イサザアミの5種を確認、春の佐鳴湖を満喫しました。
今回は、駆除のため捕まえた大量のカメを観察しながらの、NPO団体「昆虫食倶楽部」による外来種問題の説明がありました。その日捕まえたカメの割合は、外来種「ミシシッピアカミミガメ」28匹に対し、日本産「クサガメ」4匹。佐鳴湖では完全に外来種の数が勝っていました。
本来罪のない生き物たちを駆除しなくてはならない。外来種問題について考えるいい機会になりました。

注射筒とろ紙で湖水をろ過します
注射筒とろ紙で湖水をろ過します
ろ紙と色見本を比べてクロロフィルの簡易確認
ろ紙と色見本を比べてクロロフィルの簡易確認
パックに湖水を吸い込ませまるCODパックテスト
パックに湖水を吸い込ませまるCODパックテスト
筒の底の印が見えたらストップして透明度の確認
筒の底の印が見えたらストップして透明度の確認
色見本でDO(溶存酸素)の確認
色見本でDO(溶存酸素)の確認
駆除対象となっているミシシッピアカミミガメ
駆除対象となっているミシシッピアカミミガメ
前のページに戻る