FCC 株式会社 エフ・シー・シー1.8m 離れてコミュニケーション

企業案内keyboard_arrow_right

FCCが業界のリーディングカンパニーとして培ってきた歴史や理念、国内外に展開する拠点情報はこちらから。

技術・開発keyboard_arrow_right

クラッチ製造で磨き上げたテクノロジーを多角的に応用し、社会に価値を提供し続けます。

製品案内keyboard_arrow_right

二輪・四輪用クラッチをはじめとした、各種製品に関する情報はこちらから。

製品カタログkeyboard_arrow_right

IRkeyboard_arrow_right

経営方針や企業業績など、IRに関する情報をご確認いただけます。

サステナビリティkeyboard_arrow_right

FCCの事業活動を通して、環境保全や地域貢献などの多様な観点から、経済・社会・環境の向上を目指します。

Feel FCCkeyboard_arrow_right

創業80周年を迎えた私たちのこれまでの歩みや、レース参戦に関する情報をご確認いただけます。

clear

Topics

佐鳴湖水質調査「春」に参加しました

2018.06.04地域貢献


5月26 日(土)当社の本社所在地である浜松市の佐鳴湖にて、春の佐鳴湖水質調査が行われました。
当日はあいにくの曇り空でしたが、湖畔を歩くと頬にさわやかな風がそよぎ、調査しやすい陽気となりました。
当社からは家族を含めたボランティア9名が参加。
今回、半数が初参加者というF.C.C.チームは、佐鳴湖西岸の2つの調査地点を担当しました。
他の参加者とともに、鳥のさえずりや花など自然を満喫しながら楽しく調査を行いました。
初参加のメンバーや子供たちは、開催者の方から、佐鳴湖の水の透視度や、簡易COD(化学的酸素要求量)の測定などについて、調査方法や佐鳴湖の歴史や汚染・浄化の仕組みの説明を聞き、熱心に調査していました。
調査の終わりには、子供たち待望の佐鳴湖に生息する生き物たちが、ペットボトルやタモ網の仕掛けから登場。
手長エビ、スジエビ、ヌマエビ、モクズガニ、クロベンケイガニ、カワニラ、カワアナゴなど9種を確認し、春の佐鳴湖を満喫しました。
今後も当社は、地域と連携を図りながらCSR活動を積極的に進めていきます。

注射筒とろ紙で湖水をろ過
注射筒とろ紙で湖水をろ過
ろ紙でクロロフィルの簡易確認
ろ紙でクロロフィルの簡易確認
DO(溶存酸素)を調べます。         何色に変化するかな?
DO(溶存酸素)を調べます。         何色に変化するかな?
筒で湖水の透明度をチェック         どうやってやるのかな?
筒で湖水の透明度をチェック         どうやってやるのかな?
パックテストでCOD、NH4-Nを測定     標準色と比較中
パックテストでCOD、NH4-Nを測定     標準色と比較中
佐鳴湖の生き物たち             みーつけた!
佐鳴湖の生き物たち             みーつけた!
前のページに戻る