FCC 株式会社 エフ・シー・シー1.8m 離れてコミュニケーション

企業案内keyboard_arrow_right

FCCが業界のリーディングカンパニーとして培ってきた歴史や理念、国内外に展開する拠点情報はこちらから。

技術・開発keyboard_arrow_right

クラッチ製造で磨き上げたテクノロジーを多角的に応用し、社会に価値を提供し続けます。

製品案内keyboard_arrow_right

二輪・四輪用クラッチをはじめとした、各種製品に関する情報はこちらから。

製品カタログkeyboard_arrow_right

IRkeyboard_arrow_right

経営方針や企業業績など、IRに関する情報をご確認いただけます。

サステナビリティkeyboard_arrow_right

FCCの事業活動を通して、環境保全や地域貢献などの多様な観点から、経済・社会・環境の向上を目指します。

Feel FCCkeyboard_arrow_right

創業80周年を迎えた私たちのこれまでの歩みや、レース参戦に関する情報をご確認いただけます。

clear

Topics

【F.C.C.TSR Honda France】FIM世界耐久選手権 世界チャンピオン獲得!日本チーム史上初の快挙!

2018.08.01レース情報


F.C.C.TSR Honda Franceは、FIM世界耐久選手権 第4戦を終えて総合成績で首位に位置しており、日本チーム史上初の世界チャンピオンを懸けて、7月29日(日)に鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)で行われた同選手権 最終戦「鈴鹿8時間耐久レース」の決勝レースに出場しました。
この大一番に、当社からは従業員がピットスタッフとして参戦した他、従業員とその家族約200名が現地で熱い声援を送りました。

台風12号の影響による不安定な天候のなか、突然の風雨や照りつける真夏の日差しにより、路面状況が刻々と変化するタフな展開となりましたが、F.C.C.TSR Honda Franceはライダーの安定した走りや、それを支える堅実なピットワークから着実に順位を上げていき、世界チャンピオン獲得圏内の好ポジションをキープしてレースを進めます。

終盤には、世界チャンピオンを争うライバルチームの猛追を受け一時先行を許すものの、再び抜き返し5位で鈴鹿8時間耐久レースをフィニッシュしました。この結果、世界耐久選手権での首位を死守し、日本チーム史上初の快挙となる悲願の世界チャンピオンを獲得しました。

今シーズンのご声援、誠にありがとうございました。引き続き来シーズンも熱い戦いにご注目ください!

<FIM世界耐久選手権 2107-2018シーズン戦績>
第1戦 2017年9月 ボルドール24時間耐久レース 6位
第2戦 2018年4月 ル・マン24時間耐久レース 優勝
第3戦 2018年5月 スロバキアリング8時間耐久レース 3位
第4戦 2018年6月 オッシャースレーベン8時間耐久レース 優勝
第5戦 2018年7月 鈴鹿8時間耐久レース 5位
計5戦の獲得ポイント合計で総合首位となり世界チャンピオン獲得!

前のページに戻る