FCC 株式会社 エフ・シー・シー

企業案内keyboard_arrow_right

FCCが業界のリーディングカンパニーとして培ってきた歴史や理念、国内外に展開する拠点情報はこちらから。

技術・開発keyboard_arrow_right

クラッチ製造で磨き上げたテクノロジーを多角的に応用し、社会に価値を提供し続けます。

製品案内keyboard_arrow_right

二輪・四輪用クラッチをはじめとした、各種製品に関する情報はこちらから。

製品カタログkeyboard_arrow_right

IRkeyboard_arrow_right

経営方針や企業業績など、IRに関する情報をご確認いただけます。

サステナビリティkeyboard_arrow_right

FCCの事業活動を通して、環境保全や地域貢献などの多様な観点から、経済・社会・環境の向上を目指します。

Feel FCCkeyboard_arrow_right

創業80周年を迎えた私たちのこれまでの歩みや、レース参戦に関する情報をご確認いただけます。

clear

Topics

ETロボコン2012東海大会4位入賞

2012.09.28お知らせ

9月15日、浜松市勤労会館UホールにてETロボコン(※)2012東海地区大会が開催されました。
今年で5回目の参加となるF.C.C.のチーム「くらっちwin」は参加36チーム中総合4位となり、3年連続3度目のチャンピオンシップ大会(全国大会)への出場権を獲得しました。
チャンピオンシップ大会は全国11地区大会から上位入賞者が集まり11月14日パシフィコ横浜にて開催されます。

ETロボコンには自律型ロボットを走らせてタイムを競う競技部門と、ソフトウェアの「設計図」の良さを競うモデル部門とがあります。競技部門は黒い線で引かれたインコースとアウトコースの2つのコースを1回ずつ走り、その走行タイムを競います。
コースには難所と呼ばれる部分があり、難所をクリアするとボーナスタイムが与えられます。

くらっちwinの1走目アウトコースでは29.7秒という倒立走行最速タイムで完走し、難所を全てクリアしました。しかし2走目インコースではルックアップゲート(難所の一つ)手前でコースアウトし、競技部門7位という結果となりました。

F.C.C.は摩擦材やクラッチの開発・製造に加えソフトウェアを含めたシステム研究を始めており、人材育成の場としてETロボコンに参加しています。

※ET(Enbedded Technology)ロボコンとは、レゴ・ブロック (LEGO Mindstorms) で製作したコンテスト規定のロボットを使って自律走行を制御するソフトウェアの設計と実装技術を競う組込みソフトウェアのコンテストです。




前のページに戻る