FCC 株式会社 エフ・シー・シー1.8m 離れてコミュニケーション

企業案内keyboard_arrow_right

FCCが業界のリーディングカンパニーとして培ってきた歴史や理念、国内外に展開する拠点情報はこちらから。

技術・開発keyboard_arrow_right

クラッチ製造で磨き上げたテクノロジーを多角的に応用し、社会に価値を提供し続けます。

製品案内keyboard_arrow_right

二輪・四輪用クラッチをはじめとした、各種製品に関する情報はこちらから。

製品カタログkeyboard_arrow_right

IRkeyboard_arrow_right

経営方針や企業業績など、IRに関する情報をご確認いただけます。

サステナビリティkeyboard_arrow_right

FCCの事業活動を通して、環境保全や地域貢献などの多様な観点から、経済・社会・環境の向上を目指します。

Feel FCCkeyboard_arrow_right

創業80周年を迎えた私たちのこれまでの歩みや、レース参戦に関する情報をご確認いただけます。

clear

Topics

第36回『浜名湖クリーン作戦』に参加しました

2014.06.19地域貢献

参加した社員とその家族、ちびっこたちもがんばりました!
参加した社員とその家族、ちびっこたちもがんばりました!

浜松市を代表する豊かな自然環境資源「浜名湖」を守るために、世界環境デーに合わせ、毎年6月の第1日曜日に浜名湖岸の一斉清掃をする「浜名湖クリーン作戦」が実施されます。今年は6月1日に開催され、当社からも社員とその家族50名が参加、会社ののぼりを立てたり、社名入りのジャンパーを着たりなど、気合いを入れて臨みました。
毎回意外なものが回収されるこの活動ですが、今回見つけた風変わりなゴミは、体重計、大量の未開封ドリップコーヒーとビールの空き瓶。その他にもペットボトル、缶、たばこの吸い殻、砕けた発泡スチロールなど様々なゴミが集められ、主催者発表によると、作戦全体で、参加した延べ316団体、約2万5千人の手により、50トンものゴミが回収されました。
毎年活動に参加し、スッキリ清々しい気分になる反面、どうしたらこのようなゴミの投棄がなくなるだろうと感じます。清掃活動を通じて、少しでもゴミの投棄が減り、浜名湖に生きる生物たちにとって、住み心地のよい、キレイな湖岸が保たれるよう、これからも活動に参加していきたいと思います。

ゴミ袋を持っていざ海岸へ
ゴミ袋を持っていざ海岸へ
まずは海辺をチェック
まずは海辺をチェック
内山海岸の端っこまで行きました
内山海岸の端っこまで行きました
潮の満ち引きで溜まったゴミを回収
潮の満ち引きで溜まったゴミを回収
茂みの中にもゴミがたくさん
茂みの中にもゴミがたくさん
きれいになった海岸を戻ります
きれいになった海岸を戻ります
前のページに戻る