オフィシャルレース情報サイト

オフィシャルレース情報サイト

鈴鹿8時間耐久ロードレースの中止が決定
モスト8時間レースがFIM EWCスケジュールに追加

ここ数週間、日本で新型コロナウィルス感染症の流行が急激に拡大しているため、2021年11月7日に開催予定だった鈴鹿8時間耐久ロードレース(鈴鹿8耐)の中止が決定された。
同時にFIM EWCレーススケジュールを強化するため、当初5月に予定されていたオッシャースレーベン8時間レースの代わりに、新しいヨーロッパレースであるモスト8時間レースが追加された。
2021年FIM EWC、およびFIM耐久ワールドカップの最終戦となるモスト8時間レースは、10月9日(土)にチェコ共和国で開催される予定で、その日は、WTCRカーレースとFIMオートバイレースの2レース併催となる。

日本政府の指針に基づき、鈴鹿8時間耐久ロードレース主催者であるモビリティランドとFIM(国際モーターサイクリズム連盟)、そしてFIM EWCプロモーターのEurosport Eventsは、2021年11月7日に開催を予定していた鈴鹿8耐の中止を決定した。

しかし同時に、2021年のFIM EWCレーススケジュールには、ヨーロッパの新しいレースが追加された。モスト8時間レースは、FIM EWCとFIA WTCRの2レース併催として、2021年10月9日(土)にチェコ共和国で開催される。Eurosport Eventsが主催するこの2つの国際レースシリーズは、すでにスロバキアとマレーシア・セパンで共同開催された経緯がある。

モスト8時間レースは、当初2021年5月に開催が予定されていた2021オッシャースレーベン8時間レースの代わりとなるレースだ。

9月18日-19日、ル・カステレで開催されるボルドール24時間レース後の10月9日に初開催となるモスト8時間レースは、FIM世界耐久選手権とFIM耐久ワールドカップの2021年シーズン最終戦となり、各クラスの優勝者に50%増となる45ポイントが与えられる予定だ。

TAGS