F.C.C. レース|F.C.C. TSR Honda France FIM世界耐久選手権!応援サイト

世界耐久選手権(EWC)ポイントシステムについて

世界耐久選手権(EWC)ポイントシステムについて

ポイントシステムがわかると
レースがもっと楽しくなる!

F.C.C. TSR Honda Franceが参戦する世界耐久選手権(EWC)は、年間を通してのシリーズ戦だ。
今シーズンは、ボルドール24時間を皮切りに、ル・マン24時間、スロバキア8時間、オッシャースレーベン8時間を経て、最終戦鈴鹿8時間に挑む。それぞれの大会での優勝はもちろんだが、すべてのチームが目標としているのがポイントランキングトップの座、つまりワールドチャンピオンの栄光だ。

今回はその重要なカギとなるレースのポイントシステムについて紹介する。少し複雑だが、これを知っておくとレースは一層楽しくなるので、一緒におさらいしておこう。

押さえておきたい!
基本のポイントシステム

前提として、ポイントを獲得できるのは20位以内に入賞したチームに限られる。
耐久レースで獲得できるポイントは、レース時間が長ければ長いほど大きくなるため、世界耐久選手権の場合、8時間レースよりも24時間レースの方が獲得できるポイントが大きい。

8時間耐久レースの場合(第3戦スロバキア、第4戦オッシャースレーベン、最終戦鈴鹿)
順位 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位
獲得ポイント 30 24 21 19 17 15 14
※7位以下は1ptずつ減少
24時間耐久レースの場合(第1戦ボルドール、第2戦ル・マン)
順位 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位 11位
獲得ポイント 40 33 28 24 21 19 17 15 13 11 10
※6位~10位までは2ptずつ、11位以下は1ptずつ減少
2018-2019シーズン変更点
予選順位上位5チームにボーナスポイントを付与

2日間行われる予選では、各ライダー20分の走行が行われ、それぞれのベストタイムを出す。
ライダー全員のベストタイムを合算したものがチームのアベレージタイムとなり、予選順位(スターティンググリッド)が決定される。
2018-19シーズンからは、この予選順位上位5チームにボーナスポイントが付与されることになった。
※ただし鈴鹿8時間耐久ロードレースでは、トップ10トライアルの結果が適用される。

順位 1位 2位 3位 4位 5位
獲得ポイント 5 4 3 2 1
24時間耐久レースは
ポイント大量獲得のチャンス!

上述の基本ポイントに加えて、24時間レースでは8時間と16時間の経過時点で10位以内を走っていたチームにボーナスポイントが加算される。

順位 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位
獲得ポイント 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1

極端な話にはなるが、2度のチェックタイミングを1位で通過しトップフィニッシュを果たすことができれば、獲得できるポイントは最大60pt。
つまり8時間レースで2度1位に輝くのと同等のポイントをゲットすることができるのだ。
ボルドールやル・マンといった24時間レースが特に注目されるのは、こういったビックチャンスがあるからとも言えるだろう。

最終戦鈴鹿8耐は
基本ポイントが1.5倍!

さらに最終戦となる鈴鹿8時間では、基本ポイントが通常の1.5倍となるスペシャルボーナスが発生する。

※7位以下は1.5ptずつ減少
順位 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位
獲得ポイント 45 36 31.5 28.5 25.5 22.5 21

基本ポイントだけで見れば24時間レースをも上回る、まさに最初で最後のビックチャンスだ。
このラストバトルでの一発逆転も大いにあり得るだけあって、やはり最終戦は期待が高まる。

これらのポイントルールを覚えておくだけでも、レースの見どころやチームのポジションがわかって、耐久レースがもっと楽しくなるはずだ。
一戦一戦の結果だけでなく、シーズンランキングがどのように変化しているかにも注目しながら、F.C.C. TSR Honda Franceの活躍を応援しよう!