F.C.C. レース|F.C.C. TSR Honda France FIM世界耐久選手権!応援サイト

強力タッグで世界一を目指す
F.C.C. TSR Honda France
ボルドール24時間耐久レースは6位でフィニッシュ

決勝レースは、今季から新しく加入したフレディ・フォレイがスタートライダーを務めた。過去にEWCのタイトルを持ち、ボルドールやルマンでも活躍しているフレディは、序盤から積極的な走りを見せ17周目でトップに浮上。セーフティカーが何度も介入する波乱の展開となる中で、トップ争いは#5 F.C.C. TSR Honda Franceと他の2チーム、いずれも耐久レースの有力チームに絞られていった。

3チームはピット作業を繰り返すたびに、順位を入れ替えながら1周また1周と周回を重ねていった。その後1台がトラブルで遅れてからは、#5 F.C.C. TSR Honda Franceと昨年のチャンピオンチーム#94 GMT94 YAMAHAの2台による争いに変わった。もちろん長丁場の24時間耐久レースのため、多少順位が後退しても挽回するチャンスは数多くある。順位を落としてトップ争いから脱落したチームが徐々に追い上げてくることはしばしばある。
この攻防は中盤の8時間経過前後から、577周目に#5 F.C.C. TSR Honda Franceのアランが転倒する残り数時間程度の頃まで続いた。アランは今年年初のオフシーズンテストで負傷し、母国フランスでの治療を余儀なくされていた。この度約半年ぶりにバイクに乗ることになり、地元ホームコースでもあるボルドールのテストから参加。58秒台のベストタイムをマークするなど、仕上がりには全く問題無かった。
実際本戦でも、フレディやジョシュも含め3ライダーそれぞれがトップを走る活躍を見せていた。しかし、大きな盛り上がりの中で優勝を意識したのか、あまりもポジティブになりすぎたのか―ボルドールの名物ミストラルストレートを立ち上がったコーナーでスリップダウン。マフラーと反対側ではあったが、それなりのダメージを受けた。本人曰く『何故、どうやって転倒したのか、自分でも分からない』ということなので、きっとその通りなのだろう。

メカニックはすぐさまバイクの修復に取り掛かった。#5 F.C.C. TSR Honda Franceは10分のピットタイムを経て、急遽スタンバイしたフレディの手によりコース上に復帰した。アランは負傷していた右腕を打撲したがそれ以外には大きな怪我もなく、落ち込んではいたものの、チェッカーを迎える頃には笑顔で話せるようになっていた。
この結果、#5 F.C.C. TSR Honda Franceは残り3時間半のところで、トップから8位まで順位を落とした。しかしその後フレディとジョシュの2人体制で流れを取り戻していく。順位が落ちたと言ってもまだ8位。『挽回は可能だ』とチーム一丸となって走り続けた。
結果、#5 F.C.C. TSR Honda Franceは、初陣となるHonda Franceの地元での24時間レースで6位でチェッカーを受けることができた。チャンピオンシップポイントは19ポイント。さらに24時間レースならではの8時間毎(8時間経過時点と16時間経過時点)のボーナスポイントが9ポイントずつ加わり、合計で37ポイントを獲得した。これは昨シーズンよりも大きい数字である。
優勝できなかったことは勿論悔しいが、壁は高い方が崩しががある。着実にポイントを獲得できたことを考えれば、今季から新たにEWC年間タイトルおよび鈴鹿8耐での優勝に挑戦する”新生#5 F.C.C. TSR Honda France”の走り出しとしては、まずは順調と言えるだろう。
◆F.C.C. TSR Honda France総監督/藤井正和のコメント
昨シーズンがEWCランキング4位だったが、今年はそれ以上、あるいは年間チャンピオン獲得を視野にいれてEWCに臨んでいる。もちろん優勝できれば、それに越したことはないが、チャンピオンシップポイントは得られた上々のスタートだったと思う。年間チャンピオン獲得のために考えられる最も良い相手=伴侶と言っても良いくらいの相手、それがHonda Franceだと思っている、それくらい、お互いに相思相愛という言葉が似合い、実際に社員の皆さん誰もが、TSRの過去の活躍をしってくれていて、言葉が違ってもレースという共通言語で語り合える、そんな相手だと確信している。フランスという地でこれまでのTSRの活動が受け入れられ、新たな出会いが、新しい歴史を刻むことになれば、それは素晴らしいことだと思う。今回のボルドールでは、何よりもそのことが一番の収穫だね。次もフランスのル・マン。ル・マンではまたそこでしかない素晴らしい出会いがあると信じている。

ENTRIES

TAGS

ボルドール2017-2018 FIM世界耐久選手権