FCC 株式会社 エフ・シー・シー 1.8m 離れてコミュニケーション

企業案内keyboard_arrow_right

FCCが業界のリーディングカンパニーとして培ってきた歴史や理念、国内外に展開する拠点情報はこちらから。

技術・開発keyboard_arrow_right

クラッチ製造で磨き上げたテクノロジーを多角的に応用し、社会に価値を提供し続けます。

製品案内keyboard_arrow_right

二輪・四輪用クラッチをはじめとした、各種製品に関する情報はこちらから。

製品カタログkeyboard_arrow_right

IRkeyboard_arrow_right

経営方針や企業業績など、IRに関する情報をご確認いただけます。

サステナビリティkeyboard_arrow_right

FCCの事業活動を通して、環境保全や地域貢献などの多様な観点から、経済・社会・環境の向上を目指します。

Feel FCCkeyboard_arrow_right

創業80周年を迎えた私たちのこれまでの歩みや、レース参戦に関する情報をご確認いただけます。

clear

環境保護

メニュー

地球温暖化対策の
取り組み

日本で培った省エネノウハウをALL FCCへ

日本で培った省エネノウハウをALL FCCへ

FCCでは、これまで日本国内で培ってきた有効な省エネ施策のノウハウを、FCCグループと共有して一層のCO2削減を目指します。
海外のグループ会社の従業員たちが、手に取り活用してもらえるよう、冊子化しました。
今後もCO2削減のため、FCCグループ一丸となって情報を共有し、CO2排出量削減に向けた取り組みを進めていきます。

温室効果ガス(GHG)排出量の第三者検証実施

当社は、温室効果ガス(GHG: Greenhouse Gases)排出データについて、SGSジャパン株式会社による第三者検証を受審し情報開示の信頼性向上に努めています。
検証範囲は、エフ・シー・シー国内8拠点、国内グループ会社2社及び海外主要グループ会社6社(合計18サイト)における2018年度のGHG排出量実績とし、 Scope1,2(エネルギー起源のCO2排出量)およびScope3(カテゴリ7:雇用者の通勤)を対象としています。

CO2排出量の推移

当社では、2008年度から国内にて本格的にCO2排出量削減活動を開始、その後、事業のグローバル化に合せて、海外のデータ把握、省エネ支援などを実施し、データと削減取り組みの着実な精度アップに努めています。

国内では、ISO50001準拠による充実したエネルギー管理と省エネ活動を進めています。
海外拠点については、国内の専門スタッフが赴き、現地スタッフと共に省エネ診断を実施し、省エネ施策の提案、環境教育を行い従業員の環境への意識を高めるよう促し、グローバルで標準化を目指しています。
また、事例集配信などで、国内外の施策の共有化を図っています。

省エネ体感教育
※原単位推移は2009年度を100とした%で表示

海外拠点省エネ診断活動

国内で培ってきた省エネのノウハウを活用し、各海外拠点の状況にあった診断を行っています。
診断を行った拠点はフォローアップ診断を実施し、更なる施策の定着化と自立化を図っています。

【診断内容】

・計測によるエネルギーロスのチェック
・データに基づく改善提案
・改善効果の検証と報告
・海外拠点従業員向け省エネ教育

2015年度実績
2015年 5月 中国 成都永華富士離合器
有限公司
2015年11月 アメリカ FCC(INDIANA), LLC.
2016年 3月 インドネシア PT. FCC INDONESIA
2016年度実績
2016年11月 タイ FCC (THAILAND) CO., LTD.
2017年 3月 フィリピン FCC (PHILIPPINES) CORP.
2017年度実績
2017年 4月 中国 佛山富士離合器有限公司
2017年10月 アメリカ FCC (North Carolina), LLC.
2017年11月 アメリカ FCC (Adams), LLC.
2018年度実績
2019年1月 インドネシア PT. FCC INDONESIA
2019年度実績
2019年 11月 インド FCC CLUTCH INDIA
PRIVATE LTD.

今後は、支援を行った拠点のフォローアップ診断を実施し、更なる施策定着化と自立化を図ります。

海外拠点省エネ診断活動 海外拠点省エネ診断活動 海外拠点省エネ診断活動

省エネ体感教育

環境教育に、圧縮空気のムダ削減や、インバーター制御による電力削減などの、省エネ体感教育を2019年度から取り入れています。

省エネ体感教育
省エネ体感教育

再生可能エネルギー利用

太陽光発電を導入し、再生可能エネルギー使用に取り組んでいます。

インドの太陽光発電

インド タプカラ工場

再生可能エネルギー利用目標

日本 渡ケ島工場

環境保護の活動内容

製品・サービスの品質

環境方針

MORE INFOkeyboard_arrow_right
人権尊重

環境マネジメント

MORE INFOkeyboard_arrow_right
安全で働きやすい職場

取り組み目標と
実績

MORE INFOkeyboard_arrow_right
適正取引

マテリアル
フロー

MORE INFOkeyboard_arrow_right
環境保護

地球温暖化対策の
取り組み

MORE INFOkeyboard_arrow_right
情報管理

省資源/環境負荷
物質管理

MORE INFOkeyboard_arrow_right
地域貢献

製品開発領域の
取り組み

MORE INFOkeyboard_arrow_right
企業統治

国内・海外拠点の
取り組み

MORE INFOkeyboard_arrow_right
企業統治

購買/輸送領域の
取り組み

MORE INFOkeyboard_arrow_right
地域との関わり(生物多様性の取り組み)

地域との関わり
(生物多様性の取り組み)

MORE INFOkeyboard_arrow_right
FCCレポートについて

FCCレポート
について

MORE INFOkeyboard_arrow_right
サステナビリティ