FCC 株式会社 エフ・シー・シー

企業案内keyboard_arrow_right

FCCが業界のリーディングカンパニーとして培ってきた歴史や理念、国内外に展開する拠点情報はこちらから。

技術・開発keyboard_arrow_right

クラッチ製造で磨き上げたテクノロジーを多角的に応用し、社会に価値を提供し続けます。

製品案内keyboard_arrow_right

二輪・四輪用クラッチをはじめとした、各種製品に関する情報はこちらから。

製品カタログkeyboard_arrow_right

IRkeyboard_arrow_right

経営方針や企業業績など、IRに関する情報をご確認いただけます。

サステナビリティkeyboard_arrow_right

FCCの事業活動を通して、環境保全や地域貢献などの多様な観点から、経済・社会・環境の向上を目指します。

Feel FCCkeyboard_arrow_right

創業80周年を迎えた私たちのこれまでの歩みや、レース参戦に関する情報をご確認いただけます。

clear

環境保護

メニュー

取り組み目標と実績

FCC Vision

グローバルチャレンジ2020

技術、品質、コストでお客様の満足と環境に貢献する

  • 世界中のお客様に求められる会社を目指して
  • 世界市場に新事業でチャレンジする会社を目指して

スローガン「更なる進化を達成しよう~Go!Reach beyond evolution.」を掲げ、
2017年度を初年度とする第10次中期経営計画を着実に実行し、
開発力強化と現場力強化の中身の進化で、
圧倒的な競争力を持つ企業体質を達成構築します。

社会へ貢献する為に、
よりバランスのとれた環境体質の企業へ

サステナビリティの推進/グローバル環境マネジメントサステナビリティの推進/グローバル環境マネジメント

当社の企業理念である「わたしたちは安全と環境に配慮した企業活動を行います」に基づき、
中・長期的目標を掲げ、実現に向けて邁進していきます。

10次中期目標:バランスの取れた環境体質

  • CO2削減:原単位
    3%/中期、1%/年(2016年度比)
  • バランスの取れた環境体質
    (社外評価の向上)

グローバル環境マネジメント

CO<sub>2</sub>排出量目標

真に豊かな
社会の実現に向けて

持続可能な開発目標(SDGs)の実現

2015年9月国連にて持続可能な開発目標-SDGs-が採択されました。この目標はミレニアム開発目標(MDGs)の後継であり、17の目標と169のターゲットからなる世界各国の2030年へ向けた成長の方向性を具体的に示した目標です。
当社もCSRの観点から、製造業としての"つくる責任つかう責任"を重視し、グローバルな視野でアクションを起こしていきます。

世界を変えるための17の目標

2050年の健全な世界へ向けて
取り組んでいきます

長期目標

取り組み項目 管理項目 長期目標
CO2排出量の削減 CO2排出量原単位(ton-CO2/製造費) 全拠点:2030年までに2013年より14%削減

中期目標(2017年度~2019年度)

取り組み項目 管理項目 中期目標
CO2排出量の削減 CO2排出量原単位(ton-CO2/製造費) 全拠点:2016年度より3%削減
廃棄物排出量の削減 有償物量原単位(ton/製造費) 国内拠点:前年度原単位同等以下
有償物量+有価物量の管理(ton) 国内拠点:全体量の把握
水資源使用量の削減 抄造生産数原単位(m3/m)
または総工数原単位(m3/h)
国内2拠点:2016年度より3%削減(鈴鹿工場、浜北第二工場)
有害化学物質の管理 環境負荷物質低減 ■技術研究所:含有品の低減、代替技術の開発
■国内工場:工程中の法規制物質の低減
■国内その他拠点:新規購入品の成分評価

※2018年度より廃棄物排出量削減の管理項目を変更しています

2018年度実績

取り組み項目 管理項目 2018年度目標 2018年度実績 評価
CO2排出量の削減 CO2排出量原単位(ton-CO2/製造費) 全拠点:2016年度より2%削減 国内拠点:6.6%削減(達成105%)
海外拠点:6.6%削減(達成105%)
廃棄物排出量の削減 有償物量原単位(ton/製造費) 国内拠点:2017年度原単位同等以下 9.9%削減(達成111%)
有償物量+有価物量の管理(ton) 国内拠点:全体量の把握 7%増加
水資源使用量の削減 抄造生産数原単位(m3/m)
または総工数原単位(m3/h)
国内2拠点:2016年度より2%削減
鈴鹿工場:抄造生産数原単位(m3/m)
浜北第二工場:総工数原単位(m3/h)
鈴鹿工場:10.2%増加(達成89.8%)
浜北第二工場:43.7%削減(達成143%)
有害化学物質の管理 環境負荷物質低減 ■技術研究所:含有品の低減、代替技術の開発
■国内工場:工程中の法規制物質の低減
■国内その他拠点:新規購入品の成分評価
技術研究所:開発テーマでの評価実施。
その他部門は量産立ち上がり時確認、新規購入品の成分評価実施。

※評価:達成度 95%以上 ・・・ 〇、 80%以上~95%未満 ・・・ △、 80%未満 ・・・

社外からの評価

日本経済新聞社
第22回「企業の環境経営度」調査
● 自動車・自動車部品ランキング
15位/32社
● 製造業ランキング
83位/360社

環境保護の活動内容

製品・サービスの品質

環境方針/社長メッセージ

MORE INFOkeyboard_arrow_right
人権尊重

環境マネジメント

MORE INFOkeyboard_arrow_right
安全で働きやすい職場

取り組み目標と実績

MORE INFOkeyboard_arrow_right
適正取引

マテリアルフロー

MORE INFOkeyboard_arrow_right
環境保護

地球温暖化対策の取り組み

MORE INFOkeyboard_arrow_right
情報管理

省資源/環境負荷物質管理

MORE INFOkeyboard_arrow_right
地域貢献

製品開発領域の取り組み

MORE INFOkeyboard_arrow_right
企業統治

生産領域の取り組み

MORE INFOkeyboard_arrow_right
企業統治

購買/輸送領域の取り組み

MORE INFOkeyboard_arrow_right
企業統治

海外拠点の取り組み

MORE INFOkeyboard_arrow_right
企業統治

環境活動のあゆみ

MORE INFOkeyboard_arrow_right
地域との関わり(生物多様性の取り組み)

地域との関わり
(生物多様性の取り組み)

MORE INFOkeyboard_arrow_right
FCCレポートについて

FCCレポートについて

MORE INFOkeyboard_arrow_right
サステナビリティ