FCC 株式会社 エフ・シー・シー

企業案内

FCCが業界のリーディングカンパニーとして培ってきた歴史や理念、国内外に展開する拠点情報はこちらから。

技術・開発

クラッチ製造で磨き上げたテクノロジーを多角的に応用し、社会に価値を提供し続けます。

製品案内

二輪・四輪用クラッチをはじめとした、各種製品に関する情報はこちらから。

製品カタログ

IR

経営方針や企業業績など、IRに関する情報をご確認いただけます。

サステナビリティ

FCCの事業活動を通して、環境保全や地域貢献などの多様な観点から、経済・社会・環境の向上を目指します。

Feel FCC

創業80周年を迎えた私たちのこれまでの歩みや、レース参戦に関する情報をご確認いただけます。

clear

環境保護

メニュー

取り組み目標と実績

当社の企業理念である「わたしたちは安全と環境に配慮した企業活動を行います」に基づき、
中・長期的目標を掲げ、実現に向けて邁進していきます。

カーボンニュートラル実現にむけて

CO2排出量削減目標

グループ全体で、2050年のカーボンニュートラル実現に向けたマイルストーンとして
2030年において事業活動におけるCO2排出総量50%削減を目指します。

Co2排出量削減目標

CO2排出量削減ロードマップ

生産活動や製品を通じたCO2削減により、環境課題解決に貢献してまいります。

Co2排出量削減ロードマップ

真に豊かな
社会の実現に向けて

持続可能な開発目標(SDGs)の実現

2015年9月国連にて持続可能な開発目標-SDGs-が採択されました。この目標はミレニアム開発目標(MDGs)の後継であり、17の目標と169のターゲットからなる世界各国の2030年へ向けた成長の方向性を具体的に示した目標です。
当社もCSRの観点から、製造業としての"つくる責任つかう責任"を重視し、グローバルな視野でアクションを起こしていきます。

世界を変えるための17の目標

2050年の健全な世界へ向けて
取り組んでいきます

長期目標

取り組み項目 管理項目 長期目標
CO2排出量の削減 CO2排出量(ton-CO2) 全拠点:2030年までに2013年より50%削減
全拠点:2050年までにカーボンニュートラル実現

中期目標(2020年度~2022年度)

取り組み項目 管理項目 中期目標
CO2排出量の削減 CO2排出量原単位(ton-CO2/付加価値100万円) 全拠点:2019年度より3%削減
廃棄物排出量の削減 有償物量原単位(ton/付加価値100万円) 国内拠点:2019年度同等以下
有償物量+有価物量の管理(ton) 国内拠点:全体量の把握
有価物 廃棄物削減取り組み件数管理
水資源使用量の削減 抄造生産数原単位(m3/m) ■鈴鹿工場:2019年度より3%削減
■他事業所:監視対応
有害化学物質の管理 環境負荷物質低減 ■技術研究所:含有品の低減、代替技術の開発
■工場:工程中の法規制物質の低減
■全事業所:新規購入品の成分評価

※2018年度より廃棄物排出量削減の管理項目を変更しています。
※今回より、国内外FCCグループ全体で同一評価をするために原単位を付加価値に統一して取り組みます。

2020年度実績

取り組み項目 管理項目 2020年度目標 2020年度実績 評価
CO2排出量の削減 CO2排出量原単位
(国内拠点:ton-CO2 /付加価値原単位)
(海外拠点:ton-CO2 /付加価値原単位)
全拠点:2019年度より1%削減 国内拠点:12.3%削減
(達成度:106%)
海外拠点:9.7%削減
(達成度:101%)
廃棄物排出量の削減 有償物量原単位(ton/付加価値原単位) 国内拠点:2019年度原単位同等以下 24%削減(達成度:122%)
水資源使用量の削減 抄造生産数原単位(m3/m) 国内1拠点:2019年度より1%削減
鈴鹿工場:抄造生産数原単位(m3/m)
鈴鹿工場:6.1%増加(達成度:94%)
有機化学物質の管理 環境負荷物質低減 ■技術研究所:含有品の低減代替技術の開発
■国内工場:工程中の法規制物質の低減
■国内その他拠点:新規購入品の成分評価
技術研究所:開発テーマでの評価実施

量産立ち上がり時確認、
新規購入品の成分評価実施

※評価:達成度 95%以上 ・・・ 〇、 80%以上~95%未満 ・・・ △、 80%未満 ・・・

社外からの評価

CDP 気候変動調査評価

当社は、国際 NPO団体CDPによる「CDP2021気候変動」調査に参加し、温室効果ガス排出削減活動や気候変動緩和への対応などを行っている企業として、2021年度はB評価を取得しました。

CDP 気候変動調査評価

環境保護の活動内容

製品・サービスの品質

環境方針

MORE INFOkeyboard_arrow_right
人権尊重

環境マネジメント

MORE INFOkeyboard_arrow_right
安全で働きやすい職場

取り組み目標と
実績

MORE INFOkeyboard_arrow_right
適正取引

マテリアル
フロー

MORE INFOkeyboard_arrow_right
環境保護

地球温暖化対策の
取り組み

MORE INFOkeyboard_arrow_right
情報管理

省資源/環境負荷
物質管理

MORE INFOkeyboard_arrow_right
地域貢献

製品開発領域の
取り組み

MORE INFOkeyboard_arrow_right
企業統治

国内・海外拠点の
取り組み

MORE INFOkeyboard_arrow_right
企業統治

購買/輸送領域の
取り組み

MORE INFOkeyboard_arrow_right
地域との関わり(生物多様性の取り組み)

地域との関わり
(生物多様性の取り組み)

MORE INFOkeyboard_arrow_right
サステナビリティ