FCC 株式会社 エフ・シー・シー

企業案内keyboard_arrow_right

FCCが業界のリーディングカンパニーとして培ってきた歴史や理念、国内外に展開する拠点情報はこちらから。

技術・開発keyboard_arrow_right

クラッチ製造で磨き上げたテクノロジーを多角的に応用し、社会に価値を提供し続けます。

製品案内keyboard_arrow_right

二輪・四輪用クラッチをはじめとした、各種製品に関する情報はこちらから。

製品カタログkeyboard_arrow_right

IRkeyboard_arrow_right

経営方針や企業業績など、IRに関する情報をご確認いただけます。

サステナビリティkeyboard_arrow_right

FCCの事業活動を通して、環境保全や地域貢献などの多様な観点から、経済・社会・環境の向上を目指します。

Feel FCCkeyboard_arrow_right

創業80周年を迎えた私たちのこれまでの歩みや、レース参戦に関する情報をご確認いただけます。

clear

環境保護

メニュー

購買/輸送領域の取り組み

グリーン購入・調達

当社では、2004年から環境配慮の取り組み方針や基準等をお取引先に提示し、環境負荷低減に取り組んできました。取り巻く要求事項が複雑になってきたことから、2014年内容を刷新し、「FCCグリーン調達適合宣言書」として、GADSLリストに基づく環境負荷物質リストや、当社の環境方針を提示させていただいています。 これらをお取引先と共有することで、継続的に環境改善活動に取り組んでいます。

取引先環境視察

サプライチェーン全体での環境マネジメント推進を目的とし、お取引先に訪問し、環境法規順守状況の確認、支援を実施しています。公的認証を取得していないお取引先を優先的に訪問し、環境情報の共有に取り組んでいます。


取引先様立会いのもと最終排水溝確認の様子

取引先環境データ

すべての企業活動と商品の使用に伴う環境負荷低減への責務として、製品の一生にわたる環境負荷を評価するライフサイクルアセスメント(LCA)の考え方に基づき、お取引先のCO2排出量調査を2008年度より実施しています。最終的には企業活動の全領域(生産・購買・販売・オフィス・物流など)におけるCO2排出総量を定量的に把握し、削減につなげることを目的としています。

  • ※国内のお取引排出量を表しています(物量CO2除く)。
  • ※当社向け売上割合のCO2排出量
お取引先その他データ把握
【廃棄物排出量】
2016年度 7,622 ton
2017年度 5,736 ton
2018年度 2,698 ton
【水資源使用量】
2016年度 69,473 m3
2017年度 64,397 m3
2018年度 49,018 m3
  • ※当社向け売上割合の廃棄物排出量、水資源使用量

製品輸送におけるCO2排出量

2006年省エネルギー法が改正され、輸送分野においても省エネ取り組みが求められるようになりました。当社ではお取引先のご協力のもと、輸送におけるCO2排出量の把握、削減に努めています。

  • ※国内拠点の排出量推移を表しています。
  • ※CO2排出量の計算方法は「改良トンキロ法」で計算しています。
  • ※原単位推移は2008年度を100とした%で表示

環境保護の活動内容

製品・サービスの品質

環境方針/社長メッセージ

MORE INFOkeyboard_arrow_right
人権尊重

環境マネジメント

MORE INFOkeyboard_arrow_right
安全で働きやすい職場

取り組み目標と実績

MORE INFOkeyboard_arrow_right
適正取引

マテリアルフロー

MORE INFOkeyboard_arrow_right
環境保護

地球温暖化対策の取り組み

MORE INFOkeyboard_arrow_right
情報管理

省資源/環境負荷物質管理

MORE INFOkeyboard_arrow_right
地域貢献

製品開発領域の取り組み

MORE INFOkeyboard_arrow_right
企業統治

生産領域の取り組み

MORE INFOkeyboard_arrow_right
企業統治

購買/輸送領域の取り組み

MORE INFOkeyboard_arrow_right
企業統治

海外拠点の取り組み

MORE INFOkeyboard_arrow_right
企業統治

環境活動のあゆみ

MORE INFOkeyboard_arrow_right
地域との関わり(生物多様性の取り組み)

地域との関わり
(生物多様性の取り組み)

MORE INFOkeyboard_arrow_right
FCCレポートについて

FCCレポートについて

MORE INFOkeyboard_arrow_right
サステナビリティ