F.C.C. レース|F.C.C. TSR Honda France FIM世界耐久選手権!応援サイト

大盛況で閉幕したモースポフェス2019! トヨタ・ホンダの史上初二社合同イベントに参加

3月2日(土)、3日(日)に行われたホンダ、トヨタ、モビリティランドの3社による共催『モースポフェス2019SUZUKAモータースポーツファン感謝デー』。
メーカーの垣根を越える史上初の歴史的イベントに、目玉コンテンツとしてF.C.C. TSR Honda Franceが登場した。
初日の2日(土)ではセレモニーが行われ、2017-18年の二輪四輪のモータースポーツ界を盛り上げたマシンとライダーが次々に登場しパレード走行を行った。F.C.C. TSR Honda Franceからはジョシュフック選手が参加し、2017-18シーズンのル・マン優勝車を国内初披露した。

 

セレモニー終盤、F.C.C. TSR Honda FranceのCBR1000RRと、同じくパレードに参加していたトヨタのヤリスWRCが隊列から抜けピットインすると、再び隊列に戻りコースを1周。
隊列の先頭に戻ったマシンから降りたライダーがヘルメットを脱ぐと、なんと、CBR1000RRにはホンダの八郷隆弘社長、ヤリスWRCにはトヨタの豊田章男社長がライドしていたというビックサプライズが会場にいたファンを大いに盛り上げた。
 
また今回、日本チーム初の二輪でのル・マン優勝を成し遂げたF.C.C. TSR Honda Franceと、33年目にして悲願の初優勝を達成したTOYOTA GAZOO Racing(TS050-HYBRID)は、共にル・マンを制覇したチームとして、ウィナーズランイベントに参加。
 
日が落ち、鈴鹿8耐の名物となっているペンライトの光で輝くグランドスタンドと、コースを走行する選手との共演は、まさにフィナーレにふさわしい光景。
そこで走行したのはル・マンウィナーのCBR1000RRと、TS050-HYBRIDだった。
 
今回の歴史的なイベントの主役である両チームは、2018-19シーズンのル・マン24時間でも偉業を達成し、日本のモータースポーツ界を盛り上げていくだろう。

ENTRIES

TAGS

2018-2019 FIM世界耐久選手権鈴鹿ル・マン2017-2018 FIM世界耐久選手権