FCC 株式会社 エフ・シー・シー

企業案内keyboard_arrow_right

FCCが業界のリーディングカンパニーとして培ってきた歴史や理念、国内外に展開する拠点情報はこちらから。

技術・開発keyboard_arrow_right

クラッチ製造で磨き上げたテクノロジーを多角的に応用し、社会に価値を提供し続けます。

製品案内keyboard_arrow_right

二輪・四輪用クラッチをはじめとした、各種製品に関する情報はこちらから。

製品カタログkeyboard_arrow_right

IRkeyboard_arrow_right

経営方針や企業業績など、IRに関する情報をご確認いただけます。

サステナビリティkeyboard_arrow_right

FCCの事業活動を通して、環境保全や地域貢献などの多様な観点から、経済・社会・環境の向上を目指します。

Feel FCCkeyboard_arrow_right

創業80周年を迎えた私たちのこれまでの歩みや、レース参戦に関する情報をご確認いただけます。

clear

ディスクロージャーポリシー

ディスクロージャーの基本方針

当社は、株主、投資家の皆様に対し、会社法、金融商品取引法および東京証券取引所の定める適時開示規則に準拠した情報の開示を行うほか、当社の判断により当社を理解していただくために有効と思われる情報について、透明性、公平性、継続性を基本に迅速な情報提供に努めます。

情報開示の方法

適時開示規則に該当する情報の開示は、同規則に従い、東京証券取引所の提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)にて公開しています。
公開した情報は、原則として当社IRサイト上に速やかに掲載することとしております。

将来の見通し

将来の見通しに関する情報は、作成時点で入手可能な情報に基づき当社が合理的と判断したものであり、リスクや不確実性を含んでおります。
実際の業績等は様々な要素により、これら見通しとは大きく異なる結果になりうることをご承知おきください。

沈黙期間

当社は、重要な会社情報の漏洩を防ぎ公平性を確保するため、原則として決算日の翌日から決算発表日までを沈黙期間としています。
この期間中は、決算に関する質問への回答や、関連する情報に関するコメントを差し控えさせていただきます。
ただし、当該期間中であっても、投資家の皆様の投資判断に多大な影響を与えると判断した重要事実が発生した場合は、この限りではありません。

IR活動

当社は、本決算および第2四半期決算時に決算説明会を開催し、代表取締役による説明を実施するほか、必要に応じて随時個別面談を行うなど、IR活動の充実に努めております。
IR担当部署は経理部 IR課に設置し、関連部門と有機的な連携を図るとともに、株主、投資家の皆様との対話を通じて把握されたご意見等は、取締役会に適切にフィードバックする体制としております。

IR