FCC 株式会社 エフ・シー・シー

企業案内keyboard_arrow_right

FCCが業界のリーディングカンパニーとして培ってきた歴史や理念、国内外に展開する拠点情報はこちらから。

技術・開発keyboard_arrow_right

クラッチ製造で磨き上げたテクノロジーを多角的に応用し、社会に価値を提供し続けます。

製品案内keyboard_arrow_right

二輪・四輪用クラッチをはじめとした、各種製品に関する情報はこちらから。

製品カタログkeyboard_arrow_right

IRkeyboard_arrow_right

経営方針や企業業績など、IRに関する情報をご確認いただけます。

サステナビリティkeyboard_arrow_right

FCCの事業活動を通して、環境保全や地域貢献などの多様な観点から、経済・社会・環境の向上を目指します。

Feel FCCkeyboard_arrow_right

創業80周年を迎えた私たちのこれまでの歩みや、レース参戦に関する情報をご確認いただけます。

clear

精度、コスト、生産性…すべてに妥協しないために

FAD製法

FCC独自のプレス技術“FAD(FCC Advanced Drawing)製法”は、
1ストロークのプレスでさまざまな成型が可能。
いくつもの工程を設ける必要がないため、クラッチガイドをはじめとした
製品における量産コストやサイクルタイムの大幅な削減が見込めます。
また、より複雑で高精度な加工を実現するために、複動成形技術の
開発・研究を進めています。

FAD製法

特長・優位性

工程数を削減し生産性向上

複数の工程を必要とする複雑な歯形成形を、FAD製法は1回のプレスで完結。
サイクルタイムを短縮し、省加工によるコストダウンを実現します。

ベストな製品形状を提案

30年以上にわたる研究・開発で、プレス技術のノウハウを培ってきたFCC。
10年以上のCAE解析技術で蓄積したデータをもとに、お客様のニーズに最適な製品形状を提案します。
軽量かつ高精度、スペース効率に優れたクラッチアッセンブリーの提案もお任せください。

安心・安全の強度耐久性を保障

部分ごとに必要な厚みが異なる製品でも、FAD製法なら一度に成形可能。
高い強度耐久性が求められる、クラッチガイドをはじめとした自動車部品において、精度とスピードを兼ね備えたハイクオリティな加工を実現します。

優れた展開力で量産をバックアップ

さまざまな用途の製品を、汎用性のある一般的なメカプレス機で加工可能。
省スペースで汎用性が高く、海外での量産展開や新機種立ち上げに長けています。
FCCの拠点があるアメリカや中国、インドネシア、メキシコなどで現地生産も可能です。

グローブ転造とFAD製法の比較

FAD製法を採用することで
コスト削減に大きく貢献

グローブ転造製法 FAD製法
工程数 5 1
成形時間 40秒 7秒
グローブ転造製法とは

歯型部品のプレス加工で主流とされていた製法。
2つのローラー状のプレス型により、製品の歯形を加工。製品を回転させながら、製品の周りの歯形を2つずつ加工します。

こんな課題を解決

  • 製品の加工コストを
    削減したい
  • 海外でも高品質な製品を
    現地生産したい
  • 耐久性の高い部品を
    効率よく生産したい
  • ニーズにあった
    製品を提案してほしい

今後の発展性

注目度の高まるハイテン素材に対応

近年注目が高まっている、薄さ、軽さ、強さを兼ね備えたハイテン(High Tensile Strength Steel Sheets―高張力鋼板)素材の加工に対応していくことで、次世代モビリティ社会への貢献を続けていきます。

プレス技術のさらなる進化

従来の1軸に上下複数の軸をプラスした、複動成形技術を実用化することで、これまで以上に複雑な形状のプレスに対応。
より高精度な加工の実現を目指し、研究・開発を進めます。

採用製品

クラッチハウジング(素材:SP材、ハイテン材 形状:内歯、内外歯、外歯)
クラッチハウジング
素材 SP材、ハイテン材
形状 内歯、内外歯、外歯
技術・開発