技術情報

トップページ > 技術情報 > クラッチハウジング製法

クラッチハウジング製法

F.C.C.の一貫体制はクラッチハウジングの製法においても、より精度が高く、コストパフォーマンスに優れた様々な生産システムを確立しています。「一発絞り加工」、「省加工」の両製法はそれぞれプレス加工工程とプレス後の切削加工工程において省力化を図り、精度向上とコスト削減の両立を実現した独創的な生産システムです。

一発絞り加工(厚板絞り加工工程)

プレス加工工程を削減する一発絞り加工は、必要な金型が一型で済むため、初期投資金額(金型投資額)を大幅に削減することが可能です。

ボス一体タイプ

ボス一体タイプ

省加工(薄板加工工程)

ページトップへ戻る